起業の方法の一つとしてサラリーマンや主婦の副業が増加

スポンサードリンク

起業の方法は、現在では誰でも恐ろしく簡単にできます。それこそサラリーマンの人やOLさんなどが
起業してみよう!」と思うだけ済むくらいです。
事実、近年増えていますのが副業としてサラリーマンやOL、主婦といった人たちが会社を
作ったりしています。

起業
方法によりますけど資本金は不要なので簡単です。
起業の形態を普通にしようとすると有限会社株式会社といったところになりますね。

起業の際に資本金が必要なのは有限会社や株式会社の場合です。有限会社は300万円以上、
株式会社は1000万円以上のお金(資本金)を持って法人登記をすれば設立完了です。

もちろんこれ以外にも様々な起業形態はありますのでこだわって起業されたい人は
トコトンこだわって起業してみてください。

起業の方法で一番簡単なのが個人事業主

起業の方法にこだわりがないのであれば起業する方法は難しいことはありません。
簡単にいえば紙を1枚、税務署に提出さえすれば終わりです。

これには何かの売買から2ヶ月以内という制限はつきますけど、こんなものです。
もう少し詳しい方がいいですよね・・・住所、氏名、事業内容や納税方法を書類に記入し
税務署に提出して1年に一度売上を確定申告するだけでよいのです。
これが個人事業主と呼ばれるものです。

起業の方法
で一番簡単なのが個人事業主でしょう。

あらゆる業界からフリーランスとして独立して働いている人や、近所でいえば魚屋さんとか
八百屋さんなんかも個人事業主のケースが多いですね。

もちろん、あなたが自宅でネット販売したとしても個人事業主でよいわけです。
これで自分ひとりで商売を開始しているあなたも企業家の仲間入りですね。

起業
するくらいなので何かを販売をするというのがイメージしやすいですので説明しますと、
サラリーマンのあなたが自宅にてインターネットを使って商品の売買を始める、とすると、
税務署に書類提出して売買したものや諸経費(通信費、光熱費など)をきちんと把握しておけば
確定申告のときも安心ですね。

サラリーマンのあなたは副業でやってるわけですから赤字となった場合は、この赤字分を
サラリーマンしている会社の給与からマイナスにできるんです。
そしてその分が払いすぎの所得税として返ってくるのです。

SPONSORED LINK

スポンサードリンク

起業の増加理由

起業する人が増えているのは、
やはりインターネットからの情報の影響が大きいでしょう。 儲かりそうな話題が氾濫していますからね、
インターネット上には。情報だけではなくさまざまなコミュニティでの
交流もその一因でしょうね。